平成29年度 久良岐能舞台主催事業のご案内

                                                                 
No 事業名 開催時期 主な内容・参加料等
1 日本舞踊 鑑賞と体験の会
〜日本舞踊ワークショップ〜
4月23日(日) ゼロから始める久良岐能舞台の日本舞踊基礎教室の導入として開催します。 日本舞踊の教室はたくさんありますが、なかなかはいりづらいものですね。久良岐能舞台では、まず体験から始まります。素晴らしい講師陣の手ほどきを受けて、一日ゆっくりと体験してください。初心者のみならず経験者も歓迎です。
参加料 1,500円
講師・指導 村 尚也先生 おどりの空間メンバー
2 久良岐能舞台能楽体験大会
1部 〜やってみよう謡・仕舞〜
2部 〜やってみよう能楽囃子〜
5月7日(日) 平成29年度の能楽講座受講につながる能楽体験大会です。能楽に関心や興味をお持ちの方、お気軽にご参加ください。
第1部は、謡や仕舞の体験です。信長や秀吉も愛好し、江戸時代には武家の教養となりました。世界無形文化遺産第1号の「能楽」の中心をなすものです。生涯のご趣味として如何でしょうか。
第2部は能の音楽 「能楽囃子」 の楽器体験です。笛、小鼓、大鼓、太鼓の四種類それぞれ専門の囃子方能楽師が丁寧に指導します。中々うまくは出来ないと思いますが、お気軽に参加して下さい。まずは体験してみましょう。
講師:喜多流 内田成信 金春流 山井綱雄  宝生流 和久荘太郎
    笛    熊本俊太郎   小鼓 森 貴史
    大鼓  大倉栄太郎    太鼓 林雄一郎 
参加料 2,000円
3 所蔵能装束展示と講演 9月2日(土) 毎年この時期に開催する久良岐能舞台所蔵能装束の展示と講演会を開催します。能装束の無料展示は午前11時〜午後1時30分。今年の講演テーマは「能の魅力とは何か」です。能の持つ面白さや意義などについて国士舘大学21世紀アジア学部教授 表きよし先生に講演いただきます。
参加料 1,500円
4 第11回久良岐まつり
〜能舞台プレイベント〜
10月14日(土) 久良岐能舞台の講座で学ぶ受講と修了生による発表会・研鑽会です。
1年生から5年生、それ以上の方も参加され、見ごたえ満点です。
この日は日本舞踊基礎講座受講生・修了生の発表会です。
参加無料
5 第11回久良岐まつり 10月21・22日
(土)(日)
地域市民・自治会・施設利用者団体等と共に開催する久良岐まつり。両日共 庭園広場の仮設舞台では子供達や市民による歌や楽器演奏、踊りなどの発表があります。また沢山の屋台が出店し、おいしい食べ物を販売します。
21日 庭園舞台・能舞台とも市民利用の催しです。/内容未定
参加無料
22日 能舞台: 狂言道場/出演 大蔵流狂言師 善竹富太郎師 他
参加料 2,000円
6 久良岐能楽講座受講生研鑽会 10月29日(日) 久良岐能舞台の講座で学ぶ受講生と修了生による研鑽会です。1年生から5年生、それ以上の方も参加されます。見ごたえ聴きごたえ満点です。
能楽講座受講生・修了生研鑽会  喜多流・宝生流 謡・仕舞・囃子・舞囃子
参加無料
7 小学校向け狂言鑑賞教室
〔一般の方は参加できません〕
11月13日(月)
22日(水)
27日(月)
久良岐能舞台の社会貢献事業です。能楽と子どもをつなぐ教育支援事業として、久良岐能舞台の近隣3区(磯子区・港南区・南区)の小学校6年生を対象として実施します。学校単位で久良岐能舞台に招待し、教科書に出ている狂言を鑑賞し、ワークショップで学びます。
8 能の魅力発信プロジェクト
事前ワークショップ 能「猩々乱」を知る
12月17日(日) 1月28日の公演に先立ち、能「猩々乱」 について学ぶワークショップです。
解説者の武蔵野大学文学部教授 三浦弘子先生とシテを勤める金春流山井綱雄師が実演も含めながら、丁寧に興味深い解説を行い、1月の公演では最大限に楽しめるようになります。
是非、事前ワークショップにご参加下さい。
参加料 2,500円
9 能の魅力発信プロジェクト
能「猩々乱」
1月14日(日) 番組  解説、仕舞、狂言、能 「猩々乱」(金春流)
能「猩々」の小書で「猩々乱」となる秘曲です。判り易く、後半の猩々の舞の部分が楽しみのポイントです。シテは金春流山井綱雄師です。
参加料 5,000円
12月の事前ワークショップとセットの参加料 7,000円
10 第10回久良岐狂言会
〜山本東次郎家〜
3月18日(日) 10年目となる久良岐能舞台の定例狂言公演です。演目に関する話や解説を聞いて、狂言の鑑賞をするので、初めて鑑賞する方でも楽しんで頂けます。
番組は狂言三曲と狂言の舞である小舞を一番です。
参加料 3,500円
11 日本舞踊基礎教室 新規 6月から
継続 4月から
日本舞踊の基礎と伝統芸能にまつわる様々な事柄を学びます。単に日本舞踊をお稽古するだけではなく、美しい所作やしぐさの常識についても一緒に学びます。教室は2年制で、途中、年2回、発表会を行います。
主任講師 村 尚也、 講師 坂東栄鼓、西崎絵壬乃、花柳曄沙代、 各師他
12 久良岐能舞台能楽教室 謡と仕舞 新規 6月から
継続 4月から
能の基本である謡(うたい)、仕舞(しまい)を初歩から学びます。この教室の基本方針は「能を楽しむこと」です。全ての初心者の方々を、講師の能楽師が責任をもってご指導します。流儀は喜多流、金春流、宝生流の三流です。
稽古は月3回です。関心のある方は久良岐能舞台にご連絡下さい。
13 久良岐能舞台能楽教室 囃子
7月〜9月 10月・久良岐まつりで発表
5月から 能の音楽である囃子(はやし)を構成する楽器、笛、小鼓、大鼓、太鼓を学びます。囃子のお稽古をすると、能のことが良く分るようになり、更に能を楽しめるようになります。お稽古は土曜の夜に開催します。
関心をお持ちの方は久良岐能舞台にご連絡下さい。
14 囃子合奏研究会 4月から継続 囃子の講座修了者及び合奏に参加できる実力ある者が対象。
能楽囃子の実力増進を図るための講座。能楽講座研鑽会等でシテ方受講生と共演を行います。
企画指導  太鼓方金春流 大川典良師
※1 事業予定や名称は変更になる場合があります。
※2 横浜市広報や新聞などに開催案内を掲載します。
※3 久良岐能舞台にご登録頂くと事業ご案内を郵送でお届けします。