催事情報

≫月間スケジュール

自主事業のご案内

≫平成30年度 主催事業のご案内(PDF形式)



久良岐能舞台 特別公演!「サキの國」

日 程
平成30年 7月 22日(日)13:30開場 14:00開演
内 容
物語は「浦島太郎」のその後はどうなったんだろう?
をモチーフに玉手箱から煙が出てお爺さんになったところから始まります。

その世界は不思議な神々の世界….お爺さんになって驚き、さ迷い続ける浦島太郎に、いろいろな色(声)を持った彩女が近づきます。 その周りには音楽の神様、流人たち…でも、なかなかコミュニケーションができません!
なんでだろう?亀を助けたのが良かったのか?悪かったのか?そう考えながら今その瞬間に起こることを必死に考え、 感じながら未だみたことの無い先の世界(サキの圀)へ向かいます。

途中、過去と現在を自由に行き来する絶対的な無の存在、能楽師が現れ、浦島太郎との絡みは見ものです。
コミュニケーション・瞬間瞬間の判断の大切さを物語にした内容です。

セリフはありません!音楽とパフォーマンスで構成されます。浦島太郎の目指す「サキの國」はどんなところだろう?
お楽しみです!

4月 KURAKI のメンバーに NY 在住の作曲&ベーシストの「四戸」を加えた音楽ユニットと、デンマーク王女から称賛され 高い評価を受けて デンマークを中心にヨーロッパで活躍するパフォーミングアーティストの「森 弘一郎」をフィーチャーします。
スペシャルゲストの地元在住能楽師、金春流シテ方 「山井 綱雄」とのコラボレーションは能舞台ならではの企画です。
「森 弘一郎」の パフォーマンス、 「山井 綱雄」の謡・仕舞、KURAKI のメンバーの自由な音による空間で 久良岐能舞台に新しい風を吹かせます。

森 弘一郎、日本初の本格的パフォーマンスです。

バックステージでのマジッシャン雷人(ライト)氏のサポートも舞台展開を面白くしてくれます。

久良岐能舞台 特別公演 「サキの國」は内閣官房の「beyond2020プログラム」…多様性や国際性に配慮した文化活動・事業、日本文化の魅力を 国内外に発信。そして、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けての日本文化の発信が目的である取組に認証されました。

【チラシA】 【チラシB】 【チラシC】 【出演者】
出 演
森弘一郎/浦島太郎(パフォーミングアーティスト)
山井綱雄/無の存在(金春流シテ方能楽師)
■ K_U_R_A_K_I 音楽ユニット ■
クリストファー・ハーディ/流人(パーカッション) 四戸弘幸/流人(作曲&ベース)
おおたか静流/彩女(シンガー&ヴォイスアーティスト) 松尾慧/流人(横笛)
(黒子)露木昌彦 藤田靖正 石ケ森由行
参加費
全席自由/3,500円
問合せ
久良岐能舞台/TEL.045-761-3854